Top > オルソケラトロジー視力回復方法の注意点

オルソケラトロジー視力回復方法の注意点

オルソケラトロジーによる視力回復方法にはいくつか注意点があるので、頭に入れておきましょう。
オルソケラトロジーによる視力回復方法は、誰でも出来る訳ではありません。強度の近視や乱視の場合には、オルソケラトロジーの視力回復効果は期待できません。又、ドライアイや角膜炎などを煩っている目にオルソケラトロジーのハードコンタクトレンズを装着すると症状が悪化してしまう恐れがあります。
オルソケラトロジーには、定期検診が欠かせません。オルソケラトロジーのハードコンタクトレンズは高酸素透過性のものなので、酸素が低下したらレンズを交換しなければ視力回復効果も低下していきます。オルソケラトロジーが眼球に合わずに眼病を引き起こす可能性も考えられるため、定期検診は必ず行いましょう。
オルソケラトロジーのハードコンタクトレンズを装着している間は、うつぶせで眠らないようにして下さい。うつぶせで眠ってしまうと枕や床に目を擦りつけハードコンタクトレンズがずれてしまい、角膜が矯正出来なくなるため、視力回復効果も出ません。視力回復効果を出すには、一晩中角膜にハードコンタクトレンズがフィットしていられる仰向けの体制が一番です。
オルソケラトロジーのハードコンタクトレンズは、定期的にケアしなかったり装着期限が過ぎたりすると雑菌が繁殖して目にとって危険なものとなります。そうなると視力回復どころではない状態になるので注意しましょう。

 

 国民生活金融公庫  香港旅行  自動車損害賠償責任保険
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
オルソケラトロジー視力回復方法の概要(2009年6月 8日)
オルソケラトロジーの視力回復効果(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法の流れ(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法のハードコンタクトレンズ(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法の注意点(2009年6月 8日)