Top > オルソケラトロジー視力回復方法のハードコンタクトレンズ

オルソケラトロジー視力回復方法のハードコンタクトレンズ

オルソケラトロジーの視力回復方法には、特殊加工された高酸素透過性のハードコンタクトレンズを使用します。オルソケラトロジーの視力回復方法は、眼科で行います。
オルソケラトロジーのコンタクトレンズは、眼科で支給されたものを使用します。オルソケラトロジーのコンタクトレンズが眼球に合わず、視力回復が見込めないケースもあるため、まずは検査をして貰うことが肝心です。眼科で検査し、様々なハードコンタクトレンズをテストした結果、自分に合ったハードコンタクトが支給されます。オルソケラトロジーに使用するハードコンタクトレンズの寿命は平均4~5年間と長持ちで、レンズのケアも普通のコンタクトレンズと同じケアで充分なため特別なケアをする必要はありません。
オルソケラトロジーでは、ハードコンタクトレンズを装着して眠ることにより視力回復を促しています。オルソケラトロジーのハードコンタクトレンズは底が平らになっていて、これを装着して眠ることにより角膜に圧力がかかり、角膜の矯正をしてくれるのです。オルソケラトロジーの視力回復効果を出すためには、6時間程度ハードコンタクトレンズを装着する必要があります。
オルソケラトロジーでは角膜の矯正をして視力回復効果を出すため、一人一人の角膜にあったハードコンタクトレンズでなければ角膜の矯正が出来ません。従って普通のコンタクトレンズと違い、ドラッグストア等では市販されていません。

 

 ブルブルダイエット  シックハウス症候群  FXの税金  へアアイロン
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
オルソケラトロジー視力回復方法の概要(2009年6月 8日)
オルソケラトロジーの視力回復効果(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法の流れ(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法のハードコンタクトレンズ(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法の注意点(2009年6月 8日)