オルソケラトロジーによる視力回復

オルソケラトロジーの効果は、角膜の柔らかい若者ほど視力回復の高い効果が得られます。若者の網膜には癖がなく、柔軟性があるので角膜の矯正がしやすくてオルソケラトロジーの視力回復効果も長持ちしやすいのです。オルソケラトロジーの対象年齢は7歳から65歳までと広く、小学生の視力低下防止にも効果があると言われています。

Top > 2009年6月

新着情報【2009年6月】

アメリカでは、オルソケラトロジーに対しての長い実績があるため、オルソケラトロジーは一般的な視力回復方法として多くの眼科で扱っていますが、日本ではオルソケラトロジーの実績はまだ浅く、オルソケラトロジーを扱っている眼科はあまり多くはありません。

オルソケラトロジーの効果は、角膜の柔らかい若者ほど視力回復の高い効果が得られます。若者の網膜には癖がなく、柔軟性があるので角膜の矯正がしやすくてオルソケラトロジーの視力回復効果も長持ちしやすいのです。

オルソケラトロジー視力回復方法は、眼科でのカウンセリングを通して選択されたハードコンタクトレンズのテストをし、定期検診を重ねて視力回復効果を確認しながら治療していくというのが一連の流れです。

オルソケラトロジーでは角膜の矯正をして視力回復効果を出すため、一人一人の角膜にあったハードコンタクトレンズでなければ角膜の矯正が出来ません。従って普通のコンタクトレンズと違い、ドラッグストア等では市販されていません。

オルソケラトロジーによる視力回復方法にはいくつか注意点があるので、頭に入れておきましょう。
カテゴリー
更新履歴
オルソケラトロジー視力回復方法の概要(2009年6月 8日)
オルソケラトロジーの視力回復効果(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法の流れ(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法のハードコンタクトレンズ(2009年6月 8日)
オルソケラトロジー視力回復方法の注意点(2009年6月 8日)